どこでプレイしますか?
お待ちください...

We are getting you the best tee time rates at this course

利用不可

料金に含まれる項目/注意:

    レンタル&アドオン

    ジョージ ゴルフクラブ

    • Langenhoven Road
    • George, 6530 南アフリカ

    ジョージ・ゴルフクラブな何度も繰り返しプレイを楽しむことができるコースの一つで、プレイするたびにスコア上達の秘密が少しずつ分かってきます。真のゴルファーの方であれば、このコースの魅了や地元のおもてなしに飽きることはないでしょう。プレイの良し悪しに関係なく、必ずこのコースでまたプレイしたいと思うはずです。

    ロングヒッターの方々は、近代の基準では決して長いとはいえないコースレイアウトを持て余してしまうかもしれませんが、ランディングエリアが所々タイトになっている、整然と木が並ぶフェアウェイと良好なピンポジションには大ベテランのゴルファーの方も畏敬の念を抱くことでしょう。吹き込む風と標高の変化によって、ジョージ・ゴルフクラブは最高のプレイヤーでさえも常に悩ませ続けます。どのような条件でも楽しむことができるプレイしがいのあるコースです。

    1番ホール - 絵画のような外観と、その見かけに反して難しいオープニングホールは、左側にウォーターハザードがあり、右側には木が並んでいます。ティーの先では、多くのウォーターハザードと木々がプレイを待ちかまえています。間隔よく配置されたフロントのバンカーがあるので、正確な飛距離で上り坂のアプローチショットを決めるのが非常に重要となります。

    2番ホール - マンモス級のパー5 - 当ゴルフコースの最長ホールは鋭く左にドッグレッグしたフェアウェイに向けてのトリッキーなティーショットから始まります。フェアウェイの正しい方向を見つけることができなければ、グリーンから100メートル以内にあるグリーン横のバンカーと2個のフェアウェイバンカーに守られたグリーンへの長い道のりをプレイすることになってしまいます。

    3番ホール - このホールでは、グリーンの右側は巨大な木々によって、左側は戦略的に配置されたバンカーによって守られているため、ドライバーショットをうまく狙って打つことが必要不可欠です。起伏のあるグリーンでは、面白いピンプレースメントを楽しむことができます。

    4番ホール - パー4のこのショートホールの特徴は、4個のバンカーが並ぶフェアウェイです。(1つは左側、3個は右側)ティーからロングアイアンまたはフェアウェイウッドを使い、ショートアイアンを使って2個のバンカーに守られたグリーンへアプローチするのがベストの選択肢と言えるでしょう。

    5番ホール - フェアウェイの右側に並ぶ、豊かに葉が茂る美しい木々がこのホール唯一の障害物です。フェアウェイの左側に向けてうまく狙いを定めたティーショットを打つことで、後ろ側から前側に向けて坂になっている大きなグリーンに向けて、オープンにダウンヒルからのアプローチショットを打つことができるようになります。

    6番ホール - フロント9コースで唯一のパー3のコースで、グリーンと同じ長さのフロントバンカーがあり、グリーンの背部は急激な下がり坂になっています。そのため、ショートかロングか、というのは選択肢になりません。当ホールのグリーンは多くの微妙なブレークがあり、最も読みが難しいグリーンの一つとなっています。

    7番ホール - 当ゴルフコースで唯一バンカーのないホールですが、騙されないでください。1ストロークの評価を受けるに値するホールです。巧みなドライバーショットが必要不可欠ですが、それでも一見平坦に見えるが実は平坦ではないグリーンへは長いアプローチショットが必要となります。パッティングを注意深く見るようにしましょう。

    8番ホール - もう一つのパー4ショートホールで、左へ鋭くドッグレッグしています。このホールを上手にプレイするためには、ティーを置く位置が重要なカギとなります。ドッグレッグの角は3本の松の高木によって守られており、ホールの左側にはボギーフェンスが走っています。ドッグレフトを大きく飛び越えようとし過ぎたボールを捉える2個のフェアウェイバンカーと、グリーンを守るバンカーがさらに3個配置されています。

    9番ホール - コースで最も威圧的なドライバーホールです。先に向けて右方向に下がり坂になっているウェアウェイに向けて、木々の「小道」を攻略しながらティーショットを打つ必要があります。ホールの左側はウォーターハザードによって守られているため、左から右へと都バスショットが理想的であると同時に必要不可欠となります。グリーンのスロープは後ろから前に向けて厳しい角度がついており、難しいピンプレースメントも含まれています。

    10番ホール - バック9の最初のホールは、フェアウェイの左右両側を守る木々と、ホールの左側を走るバンカーフェンスが特徴です。グリーンは3個のバンカーによって守られており、トリッキーなピンプレースメントが含まれています。

    11番ホール - このパー5のホールでは、ティーショットを成功させることで、真っすぐレイアップするか、または真っすぐグリーンへアプローチすることができます。しかしながら、ホールの左側全体に走っているボギーフェンスには注意してください。10番ホールと同様、グリーンは3個のバンカーによって守られています。

    12番ホール - このホールのフェアウェイへの下がり坂のティーショットは大きく左から右へと外れやすくなっています。ティショットを高く、フェアウェイのかなり左側に向けて打てば、比較的真っすぐで短めのアプローチショットで、左側を2個のバンカーに守られ右側は急勾配の盛り土になっている狭いグリーンへアプローチすることができます。フェアウェイの向かって右側はラフになっており、木の障害も相まってより難しいショットが必要となります。

    13番ホール - 当ゴルフコースのバック9ホールに含まれる3個のパー3ホールのうち、最初のパー3の掘るです。左右にバンカーのある3段グリーンへのアップヒルティーショットは比較的難易度は高くありません。しかしながら、グリーンはスロープがきつく、手強くなっています。

    14番ホール - このホールをプレイス際の秘訣は、右側から左側に向けてスロープが付いており、向かって右端を3個のバンカーが守っているフェアウェイの右側半分に向けてティーショットを打つことです。ドライバーショットがフェアウェイの真ん中かそれより左側に落ちてしまうと、左側にある大きな木によってグリーンのほとんどが見えなくなってしまうでしょう。当コースで最も短いパー5のホールで、多くのゴルファーの方は2打でグリーンに乗せることができます。グリーンは3個のバンカーによって、右ショート、前方、右側が守られています。

    15番ホール - この素晴らしいパー3のホールは高い位置からのティーを大きな3段グリーンに向けて打ちます。このコースのコーナーは穏やかで静かなので、その美しさをじっくりと堪能してうださい。グリーンの右側にはバンカーが、左側には急勾配の芝の盛り土があります。

    16番ホール - バック9ホールの3番目のホールで、最後のパー5のホールになります。フェアウェイの右側にはバンカーがあり、ティーショットで近道を試みるゴルファーを全員捉える絶妙な位置に配置されています。このバンカーを目印として、そこから先のコースがわずかに右にドッグレッグします。2番目のバンカーは左側にあり、2打でグリーンを目指す場合はグリーンへのショートショットを打つ必要があります。グリーンは左から右へとスロープがあり、前方と右側を2個のバンカーによって守られています。

    17番ホール - 当コース最長のパー3で、シグネチャーホールであるこのホールには失敗の余地はありません。4個のバンカーに取り囲まれた狭いグリーンを見つけるためには、長いダウンヒルティーショットを確実に決める必要があります。このホールは世界のトップ500ホールの一つに選ばれており、南アフリカのベストパー3ホールでナンバーワンの評価を受けています。

    18番ホール - バック9で最も難易度の高いホールです。フェアウェイの左にはウォーターハザードと分厚い茂みがあり茨の道が待っています。2段グリーンへのアプローチショットは、「ヘビ穴」として知られている大きな「窪み」を越えながら、大きな茂みと右側にある長芝を避けて打たなければなりません。グリーンには左右にバンカーがあり、誤った段にボールを乗せてしまうと、2回のパットでホールアウトするのも困難になります。ボビー・ロック氏は17番および18番ホールを南アフリカで最高の終盤ホールと呼んでいました。

    もっと読む 折りたたむ

    8.7
    ゴルファー70名
    による平均評価
    7
    Gerhardドイツプレイ日: 2018年2月18日日曜日
    認証済みレビュー
    美しいコースですが、1便につきわずか7分の間隔で自動的に渋滞とペースが減ります。時には3つのフライトが同時にパースで待っています。 
    原文を英語で見る
    5
    Renateドイツプレイ日: 2018年2月13日火曜日
    認証済みレビュー
    素晴らしい場所ですが、残念ながら非常に長い時間が各ホールを待っています。 
    原文をドイツ語で見る
    9
    Richardアメリカ合衆国プレイ日: 2018年2月13日火曜日
    認証済みレビュー
    私たちは到着時に素敵に挨拶されました。私たちはいくつかの友達と出会って、非常に怒っているハーフウェイハウスで昼食を取った。私たちのラウンドは楽しく、コースは良好な状態でした。楽しい一日。 
    原文を英語で見る
    9
    Phil南アフリカプレイ日: 2018年2月6日火曜日
    認証済みレビュー
    コースは素晴らしい形をしています。穴は面白く、木々はかなり挑戦的です。とても楽しいラウンド 
    原文を英語で見る
    10
    Britt南アフリカプレイ日: 2018年2月6日火曜日
    認証済みレビュー
    我々は持っているように、少し高いhcp、22のための美しいnatrualコースとperfekt。コースをやりたい 
    原文を英語で見る
    8
    Ianイギリスプレイ日: 2018年2月4日日曜日
    認証済みレビュー
    素敵な背景の良いコース 
    原文を英語で見る
    10
    Lesイギリスプレイ日: 2018年2月4日日曜日
    認証済みレビュー
    平均ゴルファーのためのゆっくりとしたゴルフラウンド。素敵なフレンドリーな人 
    原文を英語で見る
    9
    Williamイギリスプレイ日: 2018年2月2日金曜日
    認証済みレビュー
    素敵な昔ながらのクラブ予約スタッフの素敵な雰囲気 
    原文を英語で見る
    10
    MarioSwitzerland プレイ日: 2018年2月2日金曜日
    認証済みレビュー
    フェアウェイを隔てる木々で素敵な古いファッションコース。良い緑。私たちは有名なヒヒを見ませんでした!良いプロショップとフレンドリーなスタッフ。 
    原文を英語で見る
    8
    Hansオランダプレイ日: 2018年1月30日火曜日
    認証済みレビュー
    ITはニースのコースですが、その日は雨が降りました。私たちはCPNを戻します。 
    原文を英語で見る
    係員付き駐車サービス
    キャディー/ゴルフカート
    練習施設
    レッスン
    ダイニング
    スパ
    クラブ/靴レンタル
    ロッカールーム
    夜間ゴルフ
    ゴルフショップ
    宿泊
    ヘルスクラブ
    George Golf Club
    ホール
    18
    パー
    70
    距離
    5862ヤード
    造成年
    1906
    コースの種類
    パークランド
    芝の種類
    ベントグラス
    設計者
    Dr Charles Molteno Murray